【衝撃の結果】平成の戦隊にはライオンモチーフロボが多いのか調べてみた。

0

     

     

     

    JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

     

     

     

    こんにちは、youkeyです。

    平成のスーパー戦隊に登場するロボのモチーフは多種多様ですが、毎年ライオンモチーフが入っていると思ってる人も多いのではないでしょうか。

     

    そこで今回は歴代の平成スーパー戦隊に登場するロボのモチーフにライオンが多いのかどうかを検証してみました。

     

     

     

     

     

     

     

     


    いきなり結論を言いますが、ライオンモチーフは多かったです!

     

     

     

     

     

     

     

    図1は平成のスーパー戦隊に登場するライオンモチーフロボの有無を表したものですが、主に平成20年以降のスーパー戦隊に関してはほぼ毎年入ってきている位の頻度で使用されてますね。

     

    逆に平成初期はほぼ使われてませんし、特にダイレンジャーとオーレンジャーは獅子とスフィンクスという厳密にはライオンと言い難いモチーフであり、初のライオンモチーフはギンガマンのギンガレオンという結果となりました。

     

    特にゲキレンジャーのリンライオンからキョウリュウジャーを挟んでキュウレンジャーのシシボイジャーまでの期間が一番濃密で、ここで「ライオンモチーフは毎年出ている」という印象を大きく持つ様になったと思われます。

     

     

    ここで更なる検証としてライオンモチーフロボの存在を1号ロボにのみ限定してはどうなるかも調べた所、驚きの結果となりました。

     

     

     

     

     

     

     

    図2がそれを示したものですが、1号ロボのモチーフとしてはそれほど使われておらず、開いた期間もハリケンジャーからゴーオンジャーまでの5作品とシンケンジャーからジュウオウジャーまでの6作品が一番長く、ライオンモチーフが追加ロボに多く用いられているという事が証明され、この事実に調べた自分も驚きました。

     

     

    またライオンモチーフをロボではなく戦士のデザインモチーフとして採用された回数も検証してみた所、こちらも驚くべき結果が飛び出しました。

     

     

     

     

     

     

     

    それが図3ですがロボモチーフ採用率に比べ戦士にモチーフが採用された数は少なく、基本戦士に限ればゴーオンジャーのゴーオンブルーからジュウオウジャーのジュウオウライオンまでの7年間登場しておらず、レッドに関してはギンガレッド、ガオレッド、シシレッドの3人しか登場してないという結果には本当に驚愕。

     

     

    今回の検証では、百獣の王として人気のライオンですが、制作側はそのネームバリューや印象の強さを初期ロボよりも2号、3号ロボのモチーフとして使うのが最も有効的と判断してるのではないかという結果となりました。

     

     

    それでは。

     

     

     

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

     

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ
    にほんブログ村

     

     

     

     

    また、Twitterではブログの更新などの情報をアップしてますので

    フォローよろしくお願いします。

    https://twitter.com/yuukiharuka

     

     


    次回もお楽しみに!