ホラーのデザインの魅力を語る〜ウトック編〜

0

     

     

     

    JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

     

     

     


    こんにちは、youkeyです。

     

    今日紹介する怪人は、
    牙狼<GARO>より
    ウトックです。

     

     

     

     


    ウトック

     

     

    今回はウトックのデザインの
    魅力について語っていきます。

     

     


    ウトックは初代牙狼に登場した
    怪人<ホラー>で、

    モチーフは墓。

     

    デザインを手がけた韮沢さんは
    カビの怪人というイメージで
    描いてるようです。

     

    韮沢さんの特撮作品の
    怪人と言えば、

    仮面ライダーやゴーカイジャーが
    真っ先に浮かびますが、

     

    牙狼はそれらの作品よりも
    高年齢層をターゲットとした
    作風なので、

     

    ウトックもさらに怪異で
    醜悪なハードテイストの
    怪人になっています。

     

     


    デザイン的に言えば、

    カビをイメージした体の
    メイン部分のおぞましさと

     

    そこから見え隠れする
    白骨部分が腐敗した人体を
    思わせ、

     

    頭の欠けた部分から
    覗く脳みそも、
    その恐ろしい姿を
    より強調させてますし、

     

    体の要所に付いた墓石を
    思わせる装甲によって、

     

    墓から這い出てきた怪人
    という印象が作り出されて
    います。

     

     


    このデザインをより魅力的に
    おぞましくしているのが、

    スーツとして造形した時の
    ディテールや質感で、

     

    ハードテイストと生の質感が
    同居したような

    絶妙なバランスが、

     

    戦隊やライダーといった

    子供をメインターゲットとした

    従来の怪人スーツとは
    違う雰囲気を出しており、

     

    牙狼におけるホラーの
    魅力をより引き出してると
    思いました。

     

     

    それでは。


     

     

     

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

     

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ
    にほんブログ村

     

     

    また、Twitterでも情報をアップしてますので

    フォローよろしくお願いします。

    https://twitter.com/yuukiharuka

     

     


    次回もお楽しみに!

     

     

     

    悪と悪の融合

    0

       

       

      JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

       

       

       

      こんにちは、youkeyです。

       

      今回のイラストはこちら!

       

       

       

      仮面ライダーアーク×ヴェノムです。

       

       

      こちらはリクエスト受けて描いたもので、

      キバ劇場版に登場した悪のライダー・仮面ライダーアークと、

      主役映画も公開されたヴェノム、

      日米の悪のキャラクターを融合させたイラストになります。

       

      全体は仮面ライダーアークをベースとし、

      そこに鋭い牙の生えた口から垂れる舌、黒い身体に走る

      クモのマークといったヴェノムを表す記号を入れて

      表現しました。

       

      ベルトのキバットもヴェノムを意識した雰囲気にしてますし、

      アークの武器・アークトライデントも体の色に合わせ

      シルバーにしています。

       

      2つのキャラを組み合わせるので、

      互いを認識できるバランスの調整に苦労しましたが、

      いつもと違う感覚で描く事が出来たので

      面白かったです。

       

       

       

      それでは。

       

       

       

      にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
      にほんブログ村
       

       

      にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ
      にほんブログ村
       

       

      にほんブログ村 イラストブログ キャラクターデザインへ
      にほんブログ村

       

       

      また、Twitterでもイラストをアップしてますので

      フォローよろしくお願いします。

      https://twitter.com/yuukiharuka

       

       

       

      次回もお楽しみに!

       

       

       

       

      崩れても元通りになります。

      0

         

         

        JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

         

         

        こんにちは、youkeyです。

         

        今日の怪人イラストはコチラ!

         

         

         

         

        つみ木怪人です。

         

        子供の頃遊んだ「積み木」を

         

        モチーフとした怪人を

         

        描いてみました。

         

         

         

        1・積み木に不気味さを

         

         

        モチーフとして「積み木」

         

        選んだので、とにかく多くの

         

        ブロックが組み合わさった

         

        姿にしました。

         

        そこに左右非対称の要素を

         

        加え、怪人に合うどこか

         

        不安定で不気味な印象に。

         

        顔をシンプルにしたのは、

         

        可愛さと不気味さの

         

        両方を表現したかった

         

        からです。

         

         

        2.ワントーンでも複雑に

         

         

        色彩は木のイメージある

         

        茶系のバリエーションに

         

        しつつ、それをバラバラに

         

        塗り分けることで、

         

        色味がシンプルでも

         

        全体が複雑な印象に

         

        なるようにしています。

         

        特にパーツ数の多い腕や

         

        足は、その構成の複雑さが

         

        目立つように塗り分けを

         

        胴体部分より増やして

         

        います。

         

         

         

        積み木の持ってる

         

        木の暖かさを

         

        色の印象で表現しながらも、

         

        怪人としての怖さも

         

        十分に出たデザインに

         

        なっていると思います。

         

         

         

        それでは。

         

         

        ”人”なので着込んでみました。

        0

           

           

          こんにちは、youkeyです。

           

          今日紹介する怪人は、

           

          魔法戦隊マジレンジャーより

           

          冥獣人イエティ・ズィーです。

           

           

           

           

          モチーフは有名なUMAの

           

          イエティ。

           

          今回の怪人デザインの見所は

           

          「冥獣人」としてのイエティ

           

          という所ですね。

           

           

           

           

          UMAとして登場するイエティは

           

          全身を毛でおおわれたゴリラの

           

          様な姿で描かれていますが、

           

          今回は「冥獣"人"」

           

          冥獣としてイエティを出すので

           

          あれは、一般的に思いつく姿

           

          から怪人のフォーマットに

           

          落とし込む方法で手がける

           

          でしょうが、

           

          今回は「人」と種族名に

           

          つくので、ズィーでは

           

          全身に木や革から作られた

           

          鎧を着込んでいるという

           

          スタイルになっているのが

           

          ポイントだと思います。

           

           

           

           

           

          胸に目立つ鏡は

           

          「魔法を反射する」

           

          という設定から

           

          取り付けられており、

           

          全体が毛や木や革で

           

          構成された中に

           

          金属的な鏡が入ることで

           

          デザインのアクセントにも

           

          なっています。

           

           

           

           

          顔は仮面を被っている

           

          様なデザインで表現

           

          されており、

           

          こちらは篠原さんが

           

          「カクレンジャー」の

           

          ケウケゲンで使用した

           

          顔デザインのアプローチを

           

          再利用したもので、

           

          本人は「引き出しが少ない」

           

          と仰ってますが、

           

          ケウケゲンが部族風の仮面

           

          だったのに対し、

           

          ズィーはアイスホッケーの

           

          マスクをイメージしたモノと

           

          なっていて、

           

          一つのアイデアでも方向性を

           

          変えることで違った印象に

           

          できるというセンスを

           

          見ることができると

           

          思います。

           

           

           

          それでは。

           

           

           

           

          西洋式の鎧武者

          0

             

             

             

            こんにちは、youkeyです。

             

            今日紹介する怪人は、

             

            魔法戦隊マジレンジャーより

             

            冥獣人サムライ・

             

            シチジューローです。

             

             

             

             

             

            以前の武者人形オルグからの

             

            クエスターロボ将は

             

            図らずも武者モチーフ

             

            繋がりという紹介順

             

            でしたが、今回は

             

            端午の節句が近いので

             

            そこを狙いに来ました(笑)

             

             

             

            モチーフは「サムライ」の

             

            名の通り鎧武者。

             

            マジレンジャーの敵・

             

            インフェルシアは基本西洋の

             

            ファンタジーに登場する

             

            モンスターがモチーフですが、

             

            同じインフェルシアには

             

            ニンジャモチーフの怪人も

             

            いますし、

             

            これは戦隊あるあるですが、

             

            怪人のコンセプトに関しての

             

            縛りはわりと緩く結構

             

            自由になってますね。

             

             

             


            デザインの見所としては

             

            全体が鎧武者ですが、

             

            鎧のつくりが西洋甲冑を意識した

             

            形状になっているという所ですね。

             

            この怪人の本体は甲冑側ではなく

             

            刀という設定なので、

             

            甲冑怪人として主張する事なく

             

            鎧武者としては普遍的な形で

             

            まとめられています。

             

            一方本体の刀の方は、

             

            鍔が顔の形をしているのが特徴。

             

            「鍔ぐらいしか刀のデザインで

             

            いじくれるところが無い」と

             

            シンケンジャーのインタビューで

             

            篠原さんが語っていますが、

             

            その言葉通り鍔の領域を

             

            越えるほどに顔を前面に

             

            押し出し、柄の部分の

             

            下あごと組み合わせ

             

            刀身以外の部分を顔に

             

            見立てている面白い

             

            デザインとなってます。

             

             

             

             

            5月5日まではこうした

             

            端午の節句関連の怪人を

             

            紹介していきたいなと

             

            思います。

             

             

             


            それでは。