戦隊怪人デザインの魅力を語る〜毒ガスネズミ編〜

0

     

     

    JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

     

     

    こんにちは、youkeyです。

     

    今日紹介する怪人は、鳥人戦隊ジェットマンより毒ガスネズミです。

     

     

    毒ガスネズミ

     

     

    今回は毒ガスネズミのデザインの魅力を語っていきます。

     

    毒ガスネズミはジェットマン後半に登場したバイオ次元獣の一体で、毒ガスとネズミの合体怪人。

     

    毒ガスは決った形を持っていないためどの様に表現するのかというのが大事ですが、この怪人ではガスボンベで表現しており、両手がガスの噴射口、尻尾がガスのゴム管をイメージしたものになっており、

     

    さらにネズミ部分には所々溶けたようなディテールがついており、有害物質が自身の体をも蝕んでいるという表現でも形の無い「毒ガス」が表現されています。

     


    毒ガスの部分に注目がいってしまいますがネズミの部分も造形がよく、特に正面から見たときの憎たらしい顔つきは実に悪役らしいですし、「悪者のネズミ」のイメージとしてはこれ以上ない表現だと思いました。

     

     

     

     

     

     

    それでは。

     

     

     

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

     

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ
    にほんブログ村

     

     

     

    Twitterではブログの更新や特撮関連のつぶやき、イラストアップなどを更新しているので、フォローよろしくお願いします。

    https://twitter.com/yuukiharuka

     

     


    次回もお楽しみに!

     

     

    下のボタンからこのブログの拡散お願いします!

    ↓     ↓     ↓ 

     

     


     

    戦隊怪人デザインの魅力を語る〜バラクローズ編〜

    0

       

       

      JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

       

       

      こんにちは、youkeyです。

       

      今日紹介する怪人は、超力戦隊オーレンジャーよりバラクローズです。

       

       

       

      バラクローズ

       


      今回はバラクローズのデザインの魅力を語っていきます。

       


      バラクローズはフォルムや全身の色に加え、まとっている布地からカイコを、体に入るカラフルな模様から蝶を彷彿とさせる姿となっており、

       

      身を乗り出したイモムシの様な頭部が人体のバランスを外し、より怪物的な印象を生み出しています。

       


      オーレンジャーの怪人には「スチームパンク」というコンセプトがあり、バラクローズも最先端よりもややレトロなメカの感じに体がデザインされてますね。

       


      顔は頭部の先端にあり、モチーフのイモムシと同様の形状を取りながらイケメン顔に作られてるのも特徴ですし、

       

      体には隠し要素として漢字の「糸」が入れ込まれてるなど面白さも入っていて魅力的な怪人だと思いました。

       

       


      それでは。

       

       

       

      にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
      にほんブログ村

       

      にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ
      にほんブログ村

       

       

       

      Twitterではブログの更新や特撮関連のつぶやき、イラストアップなどを更新しているので、フォローよろしくお願いします。

      https://twitter.com/yuukiharuka

       

       


      次回もお楽しみに!

       

       

      下のボタンからこのブログの拡散お願いします!

      ↓     ↓     ↓ 

       

       

      戦隊怪人デザインの魅力を語る〜ロケットタイガー編〜

      0

         

         

        JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

         

         

        こんにちは、youkeyです。

         

        今日紹介する怪人は、化学戦隊ダイナマンよりロケットタイガーです。

         

         

         

        ロケットタイガー

         

         

        今回はロケットタイガーのデザインの魅力を語っていきます。

         


        トラをベースとしたサイボーグ怪人という雰囲気のロケットタイガー。右肩にはロケットを発射するバズーカを装備してるのが特徴ですが、

         

        デザイン画の時点では「バルカンタイガー」という名称で進められており、その時点では右肩がバルカン砲となっていました。

         

         

        全体のデザインはサイボーグのトラという雰囲気で、一見するとわからないですが右目が機械状になっており、こちらもデザイン画の時点ではアイパッチ状に大きくなっていて、

         

        バズーカとともにデザイン画と実物で一番の相違点となっています。

         

         

        このトラの頭部は同時期の「仮面ライダーZX」に登場したタイガーロイドの造形が非常によく、造形が成立すればイケると判断してほぼトラのままでのデザインになったとのことで、

         

        その読み通りカッコよさと凶暴さが同居した造形になってると思いました。

         

         

        その他にもトラのしま模様と機械的な構成が同居したボディが、「動物モチーフのメカ怪人」をしっかりと表現していますし、

         

        猛獣のワイルドさに無機質な機械のクールさも加わったカッコよさが魅力となってるのではないでしょうか。

         

         

         

        それでは。

         

         

         

        にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
        にほんブログ村

         

        にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ
        にほんブログ村

         

         

         

        Twitterではブログの更新や特撮関連のつぶやき、イラストアップなどを更新しているので、フォローよろしくお願いします。

        https://twitter.com/yuukiharuka

         

         


        次回もお楽しみに!

         

         

        下のボタンからこのブログの拡散お願いします!

        ↓     ↓     ↓ 

         

         

        戦隊怪人デザインの魅力を語る〜カワズガミ編〜

        0

           

           

          JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

           

           

          こんにちは、youkeyです。

           

          今日紹介する怪人は、轟轟戦隊ボウケンジャーよりツクモガミ・カワズガミです。

           

           

           

           

          カワズガミ

           

           

           

           

          今回はカワズガミのデザインの魅力を語っていきます。

           


          カワズガミは古いガマグチと新しい掃除機の2つがモチーフとなった怪人で、戦隊ロボモチーフは『激走戦隊カーレンジャー』のビクトレーラー。

           

           

           

          ビクトレーラー

           

           

          ビクトレーラーのせり出した胸部をガマグチに、下半身のハッチを装甲版に置き換えて配置されてるのが上手いアレンジになってますし、

           

          左手の指もビクトレーラーのガトリングになっている腕を反映させたデザインが特徴的。

           

          またカワズガミの名前の通り、ガマグチがカエルの顔になっているのも目を引きます。

           


          掃除機はサイクロン式掃除機が選ばれていて、右手に吸い込み口、腹部にはフィルターが配置されモチーフが解かりやすく反映されてますし、

           

          掃除機部分が質感や模様から土器の様な印象をうけ、全体から何とも不思議な印象を感じさせるものとなっています。

           


          またガマグチで作られたカエルの顔に目を奪われがちですが、ガマグチの上に頭の様なパーツが存在しており、そのどちらを顔として見るかで印象がおおきく変化するデザインだと思いました。

           

           

           

          それでは。

           

           

           

           

          にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
          にほんブログ村

           

          にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ
          にほんブログ村

           

           

           

          Twitterではブログの更新や特撮関連のつぶやき、イラストアップなどを更新しているので、フォローよろしくお願いします。

          https://twitter.com/yuukiharuka

           

           


          次回もお楽しみに!

           

           

          下のボタンからこのブログの拡散お願いします!

          ↓     ↓     ↓ 

           

           

          戦隊怪人デザインの魅力を語る〜ギガノイド・奇跡編〜

          0

             

             

            JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

             

             

            こんにちは、youkeyです。

             

            今日紹介する怪人は、爆竜戦隊アバレンジャーよりギガノイド・奇跡です。

             

             

            ギガノイド・奇跡


            今回は奇跡のデザインの魅力を語っていきます。

             


            奇跡はハイドンの「奇跡」から制作されたギガノイドでモチーフはフェニックス。

             

            二足歩行型怪獣のフォルムながら背中から生える翼上のパーツや、前面へと長く突き出した首や尻尾によって特徴ある横に長いフォルムが出来ていますし、

             

            腕を翼にも手にも見える構成になっていることで、しっかり鳥モチーフの怪獣らしく見えています。

             


            顔のデザインも顎を三つ又にし両側に開く形になる事で特徴を出しており、ここがデザイナー一押しのポイント。

             

             

            またフェニックスの羽についている目玉の模様を青い宝石状のパーツで表現し、それを全身に配置することで色彩上のワンポイントとなっているほか、

             

            全身くまなく目玉が配置されてるような感じにもなっていて、クリーチャー的な不気味さも出しているのではないでしょうか。

             

             


            それでは。
             

             

             

            にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
            にほんブログ村

             

            にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ
            にほんブログ村

             

             

             

            Twitterではブログの更新や特撮関連のつぶやき、イラストアップなどを更新しているので、フォローよろしくお願いします。

            https://twitter.com/yuukiharuka

             

             


            次回もお楽しみに!

             

             

            下のボタンからこのブログの拡散お願いします!

             

            戦隊怪人デザインの魅力を語る〜デメバクト編〜

            0

               

               

              JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

               

               

              こんにちは、youkeyです。

               

              今日紹介する怪人は、侍戦隊シンケンジャーよりデメバクトです。

               

               

               

              デメバクト

               

               

              今回はデメバクトのデザインの魅力を語っていきます。

               

               

              デメバクトは妖怪"手の目"をモチーフにした怪人で、スーツはイサギツネの改造。

               

              手の目はその名が示すとおり掌に目がある妖怪ですが、デメバクトではその手を目の部分から生やす事によって見た目のインパクトを出しています。

               

               

              体のデザインにはデメバクトが登場する話がシンケンジャーたちが色々な異世界に飛ばされ、その世界での人生を経験するという所から双六のマス目をイメージしたパーツが付けられていたり、

               

              "博徒"という名前を表すように獅子や牡丹といった刺青の模様をパーツとして配置しているのも特徴的。

               


              また頭の王冠や背中のサイコロを持った手などによって仏様の様な印象を生み出しているのも面白い点ですし、

               

              そうした新パーツを体の中央に置き、元のイサギツネの部分を手足のみにすることでスーツの改造を分からなくしてる所もデザインの魅力となっていると思いました。

               

               

              それでは。
               

               

               

              にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
              にほんブログ村

               

              にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ
              にほんブログ村

               

               

               

              Twitterではブログの更新や特撮関連のつぶやき、イラストアップなどを更新しているので、フォローよろしくお願いします。

              https://twitter.com/yuukiharuka

               

               


              次回もお楽しみに!

               

               

              下のボタンからこのブログの拡散お願いします!

              ↓     ↓     ↓ 

               

              戦隊怪人デザインの魅力を語る〜プリズナブル編〜

              0

                 

                 

                JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

                 

                 

                こんにちは、youkeyです。

                 

                今日紹介する怪人は、動物戦隊ジュウオウジャーよりプリズナブルです。

                 

                 

                 

                プリズナブル

                 

                 

                今回はプリズナブルのデザインの魅力を語っていきます。

                 

                 

                横しま模様の服や牢屋の鉄格子など「囚人」をイメージとしているプリズナブル。

                 

                手には手錠、足には鉄球、胸には牢屋を閉める鍵と囚人から連想される物をすべて盛り込んだデザインが特徴で、

                ガタイのいい体格が横しま模様によってより大きく見えています。

                 

                 

                また間に入っている金色のパーツが程よいアクセントとなっている他、目に相当する部分が赤や青、黄色とカラフルに彩られ、体のモノトーンとの対比により目立つようになっていますし、

                 

                他のジュウオウジャーの怪人たちがカラフルなため、モノトーンという地味目の色が逆に目立つ配色となっている怪人だと思いました。

                 

                 


                それでは。
                 

                 

                 

                 

                戦隊怪人デザインの魅力を語る〜ダイダラボッチ編〜

                0

                   

                   

                  JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

                   

                   

                  こんにちは、youkeyです。

                   

                  今日紹介する怪人は、忍者戦隊カクレンジャーよりダイダラボッチです。

                   

                   

                   

                  ダイダラボッチ

                   

                   

                  今回はダイダラボッチのデザインの魅力を語っていきます。

                   

                   


                  ダイダラボッチは元となるのが巨大な体格の妖怪なので、それにあわせボリュームあるデザインとなっており、

                   

                  特に両腕はデザイン画の段階でも十分に大きかったものが造形の段階でアレンジが加えられ、さらにボリュームが増しています。

                   

                   

                  また「山や川といった地形を作る」というダイダラボッチの伝承を表現するために地球儀がイメージとして入っており、腹部やヒザ、ヒジには地球儀そのものが取り付けられてますし、

                   

                  体には緯度経度を表す線に加え陸地も配置されていて、こちらも巨大さを強調させる効果を出しているのに加え、

                   

                  さらに体の各部に点在する鉄製のパーツが力を封じ込めているようにも見えることで、ダイダラボッチの力の強さを表している点が印象的。

                   

                   

                  元からボリュームある怪人になる事が予想されたモチーフですが、「巨大」という部分が地球儀をイメージに組み込んでいる事や極端に大きな腕によってしっかりと主張されているのが面白いデザインですし、

                   

                  カクレンジャー最終版に登場しラスボスである大魔王の弟という、もう強敵として登場すると言わんばかりの設定やタイミングにしっかりとあったキャラクターデザインになっていると思いました。

                   

                   

                   

                  それでは。

                   

                   

                   

                  にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
                  にほんブログ村

                   

                  にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ
                  にほんブログ村

                   

                   

                   

                  Twitterではブログの更新や特撮関連のつぶやき、イラストアップなどを更新しているので、フォローよろしくお願いします。

                  https://twitter.com/yuukiharuka

                   

                   


                  次回もお楽しみに!

                   

                   

                  下のボタンからこのブログの拡散お願いします!

                  ↓     ↓     ↓ 

                   


                   

                   

                  戦隊怪人デザインの魅力を語る〜ズカンガミ編〜

                  0

                     

                     

                    JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

                     

                     

                    こんにちは、youkeyです。

                     

                    今日紹介する怪人は、轟轟戦隊ボウケンジャーよりズカンガミです。

                     

                     

                    ズカンガミ

                     

                     

                    今回はズカンガミのデザインの魅力を語っていきます。

                     

                     


                    ズカンガミはシルクハットと動物図鑑をモチーフにした怪人で、戦隊ロボモチーフは「電磁戦隊メガレンジャー」に登場するギャラクシーメガ。

                     

                     

                    ギャラクシーメガ

                     

                     

                    ギャラクシーメガの胸の赤いパーツがズカンガミでは赤い鼻として処理されており、頭を覆い隠すシルクハットと組み合わさることで胴体を一つの巨大な顔に見立てている騙し絵的なデザインが特徴となっています。

                     

                     

                    脚部はいくつもの図鑑が積み重なった特徴的なデザインとなっており、普段はあまり目が行かない脚に個性を反映させている所が面白いですし、

                     

                    ギャラクシーメガも足の変形に関してかなり特徴的なギミックを持ったロボなのでそこにかけたデザインになっているのかなと思いました。

                     

                     

                    また頭の部分となっているシルクハットは取り外せるようになっており、中には紐が人の顔の様になっている少し不気味な印象がある頭部が存在しています。

                     

                     

                     

                     

                     

                    シルクハットが外れるというギミックに関しては、ギャラクシーメガが頭部と胴体が合体して一つのメカになるというギミックを参考にしたものとなっており、

                     

                    ズカンガミはデザインだけでなくギミックに関しても元ネタとなるギャラクシーメガを大いに反映させたキャラになっているのではないでしょうか。

                     

                     

                    それでは。

                     

                     

                     

                    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
                    にほんブログ村

                     

                    にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ
                    にほんブログ村

                     

                     

                     

                    また、Twitterではブログの更新などの情報をアップしてますので

                    フォローよろしくお願いします。

                    https://twitter.com/yuukiharuka

                     

                     


                    次回もお楽しみに!

                     

                     

                    SNSでの拡散、お願いします!

                    ↓     ↓     ↓ 

                     

                     

                    戦隊怪人デザインの魅力を語る〜ダイランドー編〜

                    0

                       

                       

                      JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

                       

                       

                      こんにちは、youkeyです。

                       

                      今日紹介する怪人は、海賊戦隊ゴーカイジャーより皇帝親衛隊・ダイランドーです。

                       

                       

                       

                      皇帝親衛隊・ダイランドー

                       


                      今回はダイランドーのデザインの魅力を語っていきます。

                       

                       

                      ダイランドーはゴーカイジャー終盤にザンギャック皇帝・アクドス=ギルの親衛隊として共に登場。

                       

                      ザンギャックのコンセプトである「海洋生物」らしい見た目のほか、体中に貼られた縄状のパーツや力士や仁王など和風チックな印象も受けるデザインとなっています。

                       


                      デザイン的なポイントとしては派手なカラーリングで薄くなっているもののディテールの細かさが上げられ、

                       

                      特に腰の部分のヒレ状のパーツがいくつも重なったような構成は、複雑に絡みあうパーツにより情報量や見た目の重厚感に大きく貢献していますし、

                       

                      体の赤い部分には細く金色の線が入っていることによりゴージャス感や格式高い工芸品的な雰囲気も出ており、幹部怪人として相応しいディテールになってると思いました。

                       

                       

                      その他にも体の各部にある緑のパーツが赤い部分との補色関係によって際立つ様になっていますし、

                       

                      劇中の演出ではパワー系な見た目に反して軽めの口調を多用するキャラとなったことでのギャップが、ダイランドーの魅力をより一層引き出していたのではないでしょうか。

                       

                       

                      それでは。

                       

                       

                      にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
                      にほんブログ村

                       

                      にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ
                      にほんブログ村

                       

                       

                       

                      また、Twitterではブログの更新などの情報をアップしてますので

                      フォローよろしくお願いします。

                      https://twitter.com/yuukiharuka

                       

                       


                      次回もお楽しみに!

                       

                       

                      SNSでの拡散、お願いします!

                      ↓     ↓     ↓