<< ウルトラ怪獣デザインの魅力を語る〜宇宙昆虫サタンビートル編〜 | main | 【ネタバレなし】劇場版ジオウリュウソウジャーの感想を語る。 >>

光人ゴウのデザインの魅力を語る。

0

     

     

     

    JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

     

     

     

    こんにちは、youkeyです。

     

    今日紹介する怪人は、
    衝撃ゴウライガンより
    光人ゴウです。

     

     

     

    光人ゴウ

     


    今回はゴウのデザインの魅力について語っていきます。

     

     

    ゴウは「衝撃ゴウライガン」の主役キャラでいわばヒーロー的な立ち位置という存在。

    本来ならば「怪人紹介」という扱いにはならないですが、見た目が怪人的なので「怪人」のくくりとしました。

     

     

    一見するとゴウのデザインは鎧武者の様に見えますが、デザインコンセプト的には武者ではなく「悪魔」がイメージされており、

    和風の悪魔という和モチーフが頻繁に取り入れられている雨宮監督作品らしい面もありますし、

    見た目を一言て表すと仮面ライダー響鬼をより怪人的にした姿という感じもあります。

     

    頭部は炎を模した様な前立て部分が特徴で、設定ではこれ全体が「目」という事になっており、

    劇中、ここに目が出現するシーンがありますがそれが気持ち悪かったし怪人感を感じる所。

     

    体もダークカラーの中に赤いラインが入ったデザインが特徴で、さらに各部に数珠をイメージした装飾が配置され和風テイストも感じさせますし、

    顔と組み合わさる事で(一応)ヒーローでありながら鬼神の様な雰囲気が漂う怖さも感じることができます。

     

     

    ここまでみるとゴウは完全に「怪人」と言っていいデザインですが、

    「ゴウライガン」ではこの姿でほかの仲間たちとコメディを繰り広げたり温泉に入ったりと、

    これまでの特撮作品とは別のベクトルに振った文字通りの「衝撃」と、インパクトある数々の演出により、

    デザインの「怖さ」がキャラとのギャップを生み出し、より印象に残るキャラへと押し上げたと思いました。
     

     

     

    それでは。

     

     

     

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

     

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ
    にほんブログ村

     

     

     

     

    また、Twitterではブログの更新などの情報をアップしてますので

    フォローよろしくお願いします。

    https://twitter.com/yuukiharuka

     

     


    次回もお楽しみに!

     

     

    Comment:
    Add a comment:









    Trackback:
    トラックバック機能は終了しました。