<< 仮面ライダーゼロワン第25話の感想を語る | main | 3月の新情報をまとめてみた >>

騎士竜戦隊リュウソウジャー最終話の感想を語る

0

     

     

    JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

     

     

     

    こんにちは、youkeyです。

     

    今日は騎士竜戦隊リュウソウジャー最終話「地球の意思」の感想を語っていきます。

     

     

     

     

     

    平成と令和をまたいで放送されたリュウソウジャーも今回でラスト。

     

    放送開始直後はこの先どうなるのか不安になる滑り出しでしたが、しり上がりに面白くなっていき、最後は感動の大団円を迎える事となりました。

     

     

    またリュウソウジャーを語るうえで登場した「蛮族」という言葉も開始直後には単なる蔑称として使われていて、リュウソウジャーのダメな部分みたいに扱われてましたが、

     

    この「蛮族」と呼ばれる部分を変更せず貫きとおしたことでリュウソウジャーを代表し、今ではこれがないとリュウソウジャーじゃないと思うほどの要素となりました。

     

     


    最終回に関しては序盤にロボ戦を持ってきて最後は等身大戦で締める通常とは逆の流れによって、よりリュウソウジャーたちの戦いが強調されてましたし、

     

    ラストの戦いはこの世とあの世の境の様な世界でコウが、現実の世界で残る5人がそれぞれ戦うという構図となっており、

     

    コウのパートがモノクロで表現されることで異世界感を表現するとともに、最後に仲間たちがコウを迎えに行く場面での鮮やかな色がより際立つ演出が見事。

     

     

    また最後の名乗りではこれまで6人編成で使っていた「気高き魂」から「6本の剣」になる特別バージョンに加え、コウが本来立つスペースを開けた並びが感動的でした。

     


    ドルイドンに関しても最終回にリュウソウジャーとの絡みはないもののクレオンとワイズルーが生存。

     

    またエラスに吸収されていたプリシャスも生存しており、どうやらクレオンの星にて暮らす模様。

     

     

    最後の場面ではこれまでワイズルーたちをひっかきまわしていたプリシャスが、逆にワイズルーたちのテンションに引っ張られる形で連れていかれる所が面白かったです。

     

     

    来週からは魔進戦隊キラメイジャーが放送開始。2020年を飾るスーパー戦隊がどのような物語を紡いでいくのか楽しみです。

     

     

     

    それでは。


     

     

     

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

     

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ
    にほんブログ村

     

    また、Twitterではブログの更新などの情報をアップしてますので

    フォローよろしくお願いします。

    https://twitter.com/yuukiharuka

     

     


    次回もお楽しみに!

     

     

    SNSでの拡散、お願いします!

    ↓     ↓     ↓ 

     

     

    Comment:
    2020/03/02 7:25 PM, ?bmpa wrote:
    このブログサイコー
    Add a comment: