<< 激走戦隊カーレンジャー第47&48話の感想を語る | main | ウルトラマンZ第7話の感想を語る >>

ライダー怪人のデザインの魅力を語る〜ティーレックスドーパント編〜

0

     

    JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

     

     

    こんにちは、youkeyです。

     

    今日紹介する怪人は、仮面ライダーWより

    ティーレックスドーパントです。

     

     

    ティーレックスドーパント

     

     

    今回はティーレックスドーパントのデザインの魅力を語っていきます。

     

     

    モチーフとなるのは最も有名な恐竜と言ってもいいティラノサウルス。そしてデザインの特徴は体の半分をも閉めようという程に巨大なティラノの顔です。

     

     

    最初にこのデザインを見たときは「これ戦隊の怪人?」と思ってしまったほどこれまでの平成ライダーの怪人像から大きくかけ離れた姿に衝撃を受けましたし、

     

    そのインパクト満点のデザインはディケイドで一端整理され新たな出発を切った平成ライダーの最初を飾るに相応しい物になっていると言えます。

     

     

    劇中ではさらにガレキを身にまとった巨大ティラノサウルスの姿も披露してますが、こちらは生物的な顔と無機物の集合体の体という対比が面白く、

     

    これも十分すぎるほどのインパクトを出していることで、Wという作品における最序盤の掴みとして十分すぎる役割を果たしたと言っていいのではないでしょうか。

     

     


    それでは。

     

     

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

     

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ
    にほんブログ村

     

     

     

    Twitterではブログの更新や特撮関連のつぶやき、イラストアップなどを更新しているので、フォローよろしくお願いします。

    https://twitter.com/yuukiharuka

     

     


    次回もお楽しみに!

     

     

    下のボタンからこのブログの拡散お願いします!

    ↓     ↓     ↓ 

     

    Comment:
    Add a comment: