<< ライダー怪人のデザインの魅力を語る〜ティーレックスドーパント編〜 | main | 軟体隠密の暗躍者 >>

ウルトラマンZ第7話の感想を語る

0

     

    JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

     

     

    こんにちは、youkeyです。

     

    今日はウルトラマンZ第7話「陛下のメダル」の感想を語っていきます。

     

     

     

     

    セレブロは捕えたリクから抽出したベリアル因子を使って完全なベリアルメダルの生成に成功。それを使ったベリアル融合獣とゼット・ジード・ゼロの3大ウルトラマンとの決戦が見どころとなった話でした。

     


    ベリアルの細胞であるデビルスプリンターだけでは完璧なベリアルメダルは作れなかったセレブロがベリアルの「息子」であるリクに目をつけるのは当然ですし、

     

    リクから取り出したベリアル因子によってベリアルメダルが完成したことで、いよいよセレブロの動きが本格化してきました。

     


    今回はベリアルメダルの性能実験の意味合いも込めたようなベリアル融合獣の登場でしたが、最初はスカルゴモラだけで通すのかと思いきや、サンダーキラーやペダニウムゼットンなど他のベリアル融合獣に連続変身するのを見せた所には驚かされましたし、

     

    セレブロがベリアル融合獣に変身する際にゴモラとレッドキングを固有の名前ではなく「古代怪獣」や「ドクロ怪獣」と分類名で呼ぶ辺りに怪獣を道具としてしか見ていないというキャラクター性が出てましたね。

     


    一番の見せ場は3大ウルトラマンそろい踏みでしたが、ゼット・ジードとスカルゴモラの戦いでみせた煽りカットでの長回しカットは連続変身同様こちらも見ていて驚かされました。

     

     

    ゼロ参戦以降の戦いではゼロがストロングコロナやルナミラクルにチェンジした戦ったり3人同時の必殺光線など、見せ場や細かいところでもキャラの特性をきちんと描いていたりと見ていて面白かったですし、

     

    バトルシーンが全て夕焼けの中でというシチュでしたが、ウルトラマンと夕日の組み合わせはやっぱり映えると言う事を改めて認識させられましたね。

     

    ジードとゼロは地球を去りゼットが地球を守ることになりましたが、活発に活動を開始したセレブロやカブラギの事を知ったジャグラーと、これからのストーリーがどうなるのかわからないのがすごい楽しいです。

     


    それでは。

     

     

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

     

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ
    にほんブログ村

     

     

     

    Twitterではブログの更新や特撮関連のつぶやき、イラストアップなどを更新しているので、フォローよろしくお願いします。

    https://twitter.com/yuukiharuka

     

     


    次回もお楽しみに!

     

     

    下のボタンからこのブログの拡散お願いします!

    ↓     ↓     ↓ 

     

     

    Comment:
    Add a comment: