<< 軟体隠密の暗躍者 | main | 魔進戦隊キラメイジャー第17話の感想を語る >>

仮面ライダーゼロワン第41話の感想を語る

0

     

    JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

     

     

    こんにちは、youkeyです。

     

    今日は仮面ライダーゼロワン第41話

    「ナンジ、隣人と手をとれ!」の感想を語っていきます。

     

     

     

     

     

    今回は滅との共闘によるアークゼロとのバトルや、垓の辞任による或人の飛電インテリジェンス社長復帰が目玉となった話となりました。

     

     

    セイバーの放送開始が9月と発表になったことで残りの放送が5回となったゼロワン。撮影休止に伴う話数の減少によって今回の話でもかなり展開の高速化が多かった印象がありましたね。

     

    特に垓辞任からの或人の社長復帰やヒューマギアが再起動し、災害救助や復興に携わった結果、ヒューマギアへの信用・信頼の回復、さらに雷と昴による衛星アークの破壊の場面は、もう少し話数を設けじっくり描いた方がより展開の印象が強くなったところだったと感じましたし、

     

    それ以外にも展開が早い感じを受けた所は多かったので、やはり話数の減少の影響は大きいと改めて認識させられました。

     


    それでもこれまで幾度となく敵対してきた滅と或人の共闘は燃える展開だったのは言うまでもありませんでしたが、アークへのトドメを昴と共に宇宙に飛んだ雷が決めたのは以外な展開。

     

     

    これまで「アークの意志」に従い人類滅亡のために動きてきた滅亡迅雷.netが自分たちを顧みないアークに反抗を示し、アーク撃滅という点に置いて人類と共に手を取ったのは喜ばしい事ながら、

     

    滅の滅亡迅雷の「人類滅亡」という思想が変わらない辺りは、人間とヒューマギアは相容れない存在というものを象徴している感じがしますが、

     

    或人がその溝をどう埋め人間とヒューマギアが共存できる世界という答えを導き出すのかも今後の見所だと思います。

     


    次回はアークが進化したアークワンの登場に加え、イズの退場をほのめかす予告が流れるなどかなり不穏な空気が立ち込めていますが、のこり4回でゼロワンの物語をどう締めくくるのかも注目したい所です。

     

     

    それでは。

     

     

     

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

     

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ
    にほんブログ村

     

     

     

    Twitterではブログの更新や特撮関連のつぶやき、イラストアップなどを更新しているので、フォローよろしくお願いします。

    https://twitter.com/yuukiharuka

     

     


    次回もお楽しみに!

     

     

    下のボタンからこのブログの拡散お願いします!

    ↓     ↓     ↓ 

     

     

    Comment:
    Add a comment: