<< ライダー怪人のデザインの魅力を語る〜カニ怪人編〜 | main | ウルトラマンZ第8話の感想を語る >>

ウルトラ怪獣のデザインの魅力を語る〜邪願獣スネークダークネス編〜

0

     

    JUGEMテーマ:特撮・怪獣もの

     

     

    こんにちは、youkeyです。

    今日紹介する怪獣は、ウルトラマンR/B(ルーブ )より邪願獣スネークダークネスです。

     

     

    邪願獣スネークダークネス

     

     

    今回はスネークダークネスのデザインの魅力を語っていきます。

     


    スネークダークネスは劇場版ウルトラマンルーブに登場したこの作品のメイン怪獣で、白い全身から伸びる赤いトゲに発達した右腕が特徴。

     

    この白い体の至る所から生えたトゲや背ビレがまるで血しぶきの様に見えますし、顔も口の横から伸びる角によってより凶暴性が増した顔つきになってます。

     

     

    また尻尾に関しては先端が開くギミックが入るのが前提のデザインとなってますが、開くギミックが入ったことでそこが口や頭の様に見え、名前に入る"スネーク=蛇"を表しているように感じました。

     

     

    純白の怪獣という点が一番目を引く面白い点だと言えますし、白=善い者という先入観があるからこそこうした凶悪なデザインの敵怪獣というギャップが際立ってるのではないでしょうか。

     

     

    それでは。

     

     

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
    にほんブログ村

     

    にほんブログ村 テレビブログ 特撮怪獣へ
    にほんブログ村

     

     

     

    Twitterではブログの更新や特撮関連のつぶやき、イラストアップなどを更新しているので、フォローよろしくお願いします。

    https://twitter.com/yuukiharuka

     

     


    次回もお楽しみに!

     

     

    下のボタンからこのブログの拡散お願いします!

    ↓     ↓     ↓ 

     

    Comment:
    Add a comment: